1200 × 5000
20141218
2014-12-18公開
11月29日〜30日、復興なみえ町十日市祭、まずは 29日の あちこち。
祭りの主役は 何処でも 子供達です。
今年も 色々な団体の 発表会でもありました。
市民交流センター2階は 浪江幼稚園子供の広場と、作品展示会会場。
浪江小・津島小 の 児童の作品。
浪江町 仮設/借上住宅自治会作品展示、須賀川コスモス会・柏崎コスモス会、右は建設技術学院跡仮設住宅自治会の作品。
神戸大学 「記憶の街」 模型展示、早稲田大学 「まちづくり」 模型展示。
 十日市は昔は鍛冶屋が刃物売ってたり、手作りカゴが売られたり色々あった。新町通り以外にも駅に続く道にもお店が出ていた。御神輿も出ていた。つぶやきのひとつ。
右下のチラシの文字 「こどもまちづくり会議、にほんまつ・なみえ」。
これは 忘れてはならない とても大事なことです。
 子ども達手作りの新聞、右は「町たんけん新聞」、中上「たのしい新聞」、
中下「すぎのやさんしんぶん」、左はこれも「町たんけん新聞」発行者が違う。
石神第一おどり隊 の 皆さんのおどり、、「ふるさと浪江」。
  「なみえ焼きそば ひねり揚げ」、なみえ焼きそば風味「せんべい」 共に
 市民交流センター1階の「コーヒータイム」でも扱っている。
水際まで降りて 遊べるのが、この会場の 良いところです。
 今回の十日市祭の目玉、福島市飯坂出身の舞妓 恵里菜さんの踊り、
右は 一緒にいらした芸妓の 小扇 さん。
 30日(日)にも、霞ケ城公園9時半発の シャトルバスを利用させて貰って、十日市祭に出かけた。
市内(新丁坂、若宮松岡通り)を バスで通るのは 新鮮です。
 午前9時40分、駅前着、
 福島市のご当地アイドル、「マジカルバルルーンYes」、の ショーの最中、昨日も見かけた、そういえば二本松の夏祭りでも見かけた、
風船ふくらませながら歌う  「どんな色が好き みどり の色が好き、一番先に 無くなるよ みどり の こころ、いろんな こころ」、
みどり の ところは 風船の色によって変わります。できたものは お客さんに配っていました。
 マジカルバルルーンYesのショーを ずっと見ていた。「追っかけ」さんなのかも知れない。
とってもかわいいからね。
また 別の作品ができました。
 「おなじみの「ガマの油口上」、はるばる筑波からやってきた「吉田和弘」さん、
浪江町民の皆さんには もうおなじみですね」(今年のプログラムから)。
幟には 筑波山ガマ口上保存会 師範 筑波和弘 とあります。
 なみえ焼きそば も 買いました、特別価格300円。
どちらからですか と 聞かれ、二本松です、 シールを渡されて、
日本地図の二本松のところに貼りました。
(終)
2014-12-18,11:50