7
9
二本松写真ニュース
2013年
(平成25年)
No.545
http://pnews.bine.jp
(1200×1700)
 二本松市のあだたら山の会(大内学会長)は、8月25日(日)、安達太良山環境整備作業の一環として、山頂付近環境整備を実施した。当日は良く晴れて風のない日、夏休み最終の日曜日ともあって、登山者も沢山。会員は三本鍬・火ばさみ・ゴミ回収袋等を持参し、ゴンドラを利用して山頂に向かった。
 山頂では 地表面から顔を出していた空き缶や空き瓶・ビニールゴミなどを掘り出して回収した。これらのゴミは 山頂にゴミ箱やゴミ篭が置かれていた時代に埋立処分されたもので、風雨などで地表面か削られて現れたもの。これまでにも回収が行われて現時点では 今回の場所以外は見あたらない。
 また 山頂広場に建てられている山頂標識が 後ろ側に酷く傾いていたのを、掘り出して立て直した。
 また、山頂への登り道に トラロープを張り 滑りやすい火山灰の急傾斜部分を避ける様な 規制を行った。
 回収されたゴミは ビニール袋4袋と、ガラスくず石油缶に半分。奥岳登山口まで背負子で下ろして、今回の整備作業を終えた。今安達太良山薬師岳コースでは 黄色い「アキノキリンソウ」が見頃、「エゾリンドウ」も紫色の花をつけだした、登山道の周りには 秋の花がいっぱいだ。会員14名が参加した。
埋められたゴミの堀出し。
傾いていた山頂標識の立て直し。
アキノキリンソウ
 山頂への 登り道に 規制ロープを張った、
真っ直ぐの 崖の上り下りは とっても滑って危険。
エゾリンドウ
集めたゴミを前に並べて集合写真、登山マラソンやっていた団体の役員にシャッター押して貰った。
wtadashi@nifty.com
【 email 】
第一次公開2008−03−11
二本松藩だより
【関連ブログ】