二本松写真ニュース
15
11
No.1021
http://pnews.bine.jp
(1200×1700)
 11月14日(土)の早朝、月と水星がほぼ同時に「出た」、月齢は28.7、月は本当に細い。11月なので、この月齢の月が見られる。夏だと細すぎて月の出の後、すぐ明るくなってしまうので、見られない。だいいち翌日15日の月齢は0.3、新月なのだ。
 水星は、すぐそばにあった。とても明るかった、光度−0.6等。西方最大離角は11月11日だった。直後なので、条件が良かったのだ。うしかい座のアークトゥルスとおとめ座のスピカも見えた。これは日本では「春の夫婦星」と呼ばれる縁起の良い星、これも見えた。夫婦星は他には七夕の星織姫と彦星がある。夏の大三角だが、日の入り直後にはまだ見えている。
 2020年11月14日、5時13分撮影、月の出直後。
金星と水星それに月 一緒に見られるの 結構珍しい。
春の夫婦星、これはおめでたい。
更にワイドで撮影、木幡山の明かりも見えた。
wtadashi@nifty.com
【 管理者へのメール 】
第一次公開2008−03−11
【 関連ブログ 】 新・二本松藩だより
2019-09-22
あだたら天文台協力会
2018-08-02
岳温泉文化協会
2015-02-17
2018-08-02