二本松写真ニュース
9
6
No.1013
http://pnews.bine.jp
(1200×1700)
 9日明け方、南の空で月齢17.8の月と木星、土星が接近した。
夏至間近のこの時期、月の軌道(白道)は南の空低くなって、地平に近い所を通るので、木星土星に近づけたのだ。冬至の頃の太陽もこのあたりを通る。木星の左側には土星、4月上旬には等間隔で火星がいたが、遠く離れてしまった。因みに木星はいて座、火星はみずがめ座にいる。月には「暈」らしいものが見えるが「雨降りが近い」時よりは 直径が小さく見える。別の現象かも知れない。撮影時刻は午前2時57分、夜の明けるのも早くなって、今朝の日の出は午前4時24分、1年で一番早い時期だ。
撮影時刻、2020年6月9日、午前2時57分。
月と木星土星の接近だけだったらもっと早い時刻でも良かったが、火星も一緒に写したかった。
同時刻、ステラナビゲータの画面。
wtadashi@nifty.com
【 管理者へのメール 】
第一次公開2008−03−11
【 関連ブログ 】 新・二本松藩だより
2019-09-22
あだたら天文台協力会
2018-08-02
岳温泉文化協会
2015-02-17
2018-08-02